女子レスリング川井梨、向田が金 世界選手権、パワハラから再起

女子レスリング川井梨、向田が金 世界選手権、パワハラから再起

 【ブダペスト共同】レスリング女子で59キロ級の川井梨紗子(23)=ジャパンビバレッジ=、55キロ級の向田真優(21)=至学館大=が23日、ブダペストでの世界選手権で金メダルを獲得した。パワーハラスメント問題に揺れた日本女子は、8月のジャカルタ・アジア大会で初の金メダルなし。底力を世界に示し、再起の一歩を踏み出した。

 2016年リオ五輪63キロ級女王の川井梨は昨年の60キロ級に続く制覇。向田は2大会ぶりの世界一に輝いた。日本勢は男子フリースタイル65キロ級の乙黒拓斗(19)=山梨学院大=が22日に初優勝し、東京五輪での活躍が期待される若手が躍動している。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索