渡辺、NBA下部チームで開幕戦 わずか7得点、「気負い過ぎた」

渡辺、NBA下部チームで開幕戦 わずか7得点、「気負い過ぎた」

 【エディンバーグ(米テキサス州)共同】米プロバスケットボールNBAグリズリーズ傘下のハッスルは3日、敵地のテキサス州エディンバーグで下部リーグの開幕戦を迎え、10月に日本人2人目となるNBAデビューを果たした渡辺雄太は先発出場で7得点5リバウンドだった。試合は103―119で敗れた。

 持ち味のシュート力が影を潜めた。12本放ち、成功はわずか3本。「気負い過ぎた。結果にこだわり過ぎた」とタッチが乱れた。もう一つの強みの守備はスチール、ブロックともチーム最多の三つずつと存在感を示したが「試合を通して波に乗れずにやってしまった」と表情は浮かなかった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索