テニス男子単、伊藤が5年ぶりV 三菱全日本選手権

テニス男子単、伊藤が5年ぶりV 三菱全日本選手権

 テニスの三菱全日本選手権最終日は4日、大阪市のITC靱TCで行われ、男子シングルス決勝は第1シードで30歳の伊藤竜馬(北日本物産)が第2シードの徳田廉大(フリー)を6―3、6―0で下し、5年ぶり2度目の優勝を飾った。

 ダブルス決勝の男子は仁木拓人(三菱電機)今井慎太郎(イカイ)組、女子は内島萌夏(昭和の森ジュニアTS)林恵里奈(福井県スポーツ協会)組がそれぞれ勝った。

 仁木、今井組は清水悠太(三菱電機)羽沢慎治(慶大)組を6―2、7―6で下し、内島、林組は寺見かりん(テニスユニバース)首藤みなみ(スポーツクリエイト)組を6―3、6―1で破った。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索