ラグビー代表にリーチら33人 英国遠征へ7日出発

 日本ラグビー協会は5日、英国に遠征する日本代表メンバー33人を発表し、フランカーのリーチ主将(東芝)やナンバー8姫野(トヨタ自動車)、SH流(サントリー)らが選ばれた。10、11月の国内合宿メンバーからロックの大戸(ヤマハ発動機)が新たに招集され、プロップ浅原(東芝)らが外れた。

 日本代表は7日に出発し、英国内で調整しながら17日にロンドン郊外のトゥイッケナム競技場でイングランド代表と対戦。24日には英国西部のグロスターで2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の開幕戦で顔を合わせるロシア代表とテストマッチを行う。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索