五輪、埼スタは5駅からバス運行 都外会場の観客輸送案を公表

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都は6日、埼玉、千葉、神奈川各県にある会場の観客輸送ルート案を公表し、サッカーの埼玉スタジアム(さいたま市)は近隣の埼玉高速鉄道浦和美園駅、JR浦和駅など5駅からシャトルバスを運行する計画となった。ゴルフの霞ケ関CC(埼玉県川越市)はJR川越駅など、射撃の陸上自衛隊朝霞訓練場は東武東上線朝霞駅など各3駅からピストン輸送する案となっている。

 複数の駅を起点として運ぶことで、輸送力を確保する狙いがある。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索