競泳W杯、大橋が短水路日本新 萩野は2位

競泳W杯、大橋が短水路日本新 萩野は2位

 短水路(25メートルプール)で争う競泳のワールドカップ(W杯)東京大会は10日、東京辰巳国際水泳場で行われ、女子400メートル個人メドレーの大橋悠依(イトマン東進)が4分22秒73の短水路日本新記録で2位となった。2016年リオデジャネイロ五輪金メダルのカティンカ・ホッスー(ハンガリー)が4分21秒91で優勝した。

 男子200メートル個人メドレーは汪順(中国)が1分51秒45で勝ち、萩野公介(ブリヂストン)は1分52秒50で2位。女子50メートルバタフライの池江璃花子(ルネサンス)は24秒80で3位だった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索