日本代表が6―5で逆転勝ち 日米野球第5戦、勝ち越し決定

日本代表が6―5で逆転勝ち 日米野球第5戦、勝ち越し決定

 日米野球は14日、ナゴヤドームに舞台を移して第5戦が行われ、日本代表は6―5で米大リーグ(MLB)オールスターチームに逆転して2連勝を飾った。対戦成績は4勝1敗となり、2014年に続き2大会連続での勝ち越しを決めた。

 日本代表は1―5の七回、甲斐(ソフトバンク)の適時打などで2点差として代打山川(西武)の左中間への2点二塁打で同点。八回に甲斐の左中間二塁打で1点を勝ち越した。

 15日の最終第6戦の先発は日本代表が笠原(中日)、MLBオールスターはジョンソン(レッドソックス)と発表された。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索