W杯、小平と新浜が500m連勝 スピードスケート

W杯、小平と新浜が500m連勝 スピードスケート

 スピードスケートのワールドカップ(W杯)第2戦第2日は24日、北海道の苫小牧市ハイランドSCで行われ、女子500メートルは小平奈緒が38秒26で制し、2季前から続くこの種目の連勝を33に伸ばした。1000メートルと合わせW杯通算23勝目。

 男子500メートルは新浜立也が35秒20で制し、初勝利を挙げた23日に続く連勝を飾った。前日2位の村上右磨が3位に入った。女子1500メートルはイレイン・ブスト(オランダ)が1分58秒74で制し、高木美帆は0秒54差の2位。男子1500メートルは一戸誠太郎が4位に入った。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索