森元首相にラグビー功労賞 国際統括団体が表彰式

森元首相にラグビー功労賞 国際統括団体が表彰式

 【モナコ共同】ラグビーの国際統括団体、ワールドラグビー(WR)の年間表彰式が25日、モナコで行われ、日本ラグビー協会名誉会長の森喜朗元首相が競技の発展や普及に顕著な功績を残した人物に贈られる「バーノン・ピュー賞」を受賞した。日本人の同賞受賞は初めて。表彰後、取材に応じた森氏は「大変光栄だし、感激。ラグビーのために生涯働いていこうと思い、それができたということは一番うれしい」と喜んだ。

 WRのビル・ボーモント会長は授与理由として、森氏が日本を中心にアジアのラグビー発展に貢献し、2019年のワールドカップ(W杯)の日本開催へつなげたことを挙げた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索