ジョセフ氏会見、「攻撃手応え」 ラグビー日本代表

ジョセフ氏会見、「攻撃手応え」 ラグビー日本代表

 今年のテストマッチを終えたラグビー日本代表のジョセフ・ヘッドコーチ(HC)が27日、東京都内で記者会見し、秋シーズンを総括して「トライを取る力、攻撃には手応えを持っている。選手もラグビーの内容も成長している」と評価した。

 今秋は世界ランキング1位のニュージーランドと同4位のイングランドに敗れ、格下のロシア戦は苦しみながら逆転勝利した。選手層の薄さを課題に挙げ「スーパーラグビー(SR)の厳しい試合を経験させることが大事」と指摘。来年のワールドカップ(W杯)に向け、あらためてSRの日本チーム、サンウルブズを活用する考えを強調した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索