22年世界バドミントンは東京で 日本では初開催

 世界バドミントン連盟は29日、2019〜25年の主要大会開催地を発表し、22年世界選手権は東京で開かれることが決まった。五輪開催年を除いて毎年実施される世界選手権が日本で実施されるのは初めて。日本協会は26日の理事会で立候補を正式承認し、29日にクアラルンプールでプレゼンテーションを行った。

 日本協会は過去に、20年東京五輪のテスト大会として19年世界選手権の東京開催を目指したが、バーゼル(スイス)に敗れて招致に失敗していた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索