スキーW杯、宮沢は準々決勝敗退 距離スプリント

スキーW杯、宮沢は準々決勝敗退 距離スプリント

 【リレハンメル共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)距離は30日、リレハンメルで3日間、3レースの合計で争う形式の第1レースとなるスプリント・フリーが行われ、男子(1.6キロ)の宮沢大志(JR東日本スポーツ)が日本勢でただ一人予選を突破したが、30人が6人一組で争う準々決勝で3組5着に終わって敗退し、25位だった。

 吉田圭伸(自衛隊)は87位で落選。馬場直人(専大)は体調不良で欠場した。女子(1.3キロ)の日本勢は全員予選落ち。滝沢こずえ(フォーカスシステムズク)は76位、石田正子(JR北海道)は78位、児玉美希(日大)は80位だった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索