関西3位にも甲子園ボウル挑戦権 大学アメフット、来年から

 関西学生アメリカンフットボール連盟は3日、全日本大学選手権決勝「甲子園ボウル」の西日本代表を決めるトーナメントに、来年から関西学生リーグの3位校も出場する方式に変更すると発表した。今年は優勝した関学大と2位の立命大が出場。3位は関大だった。

 来年は関西2位が九州―北陸の勝者と、関西3位が中四国―東海の勝者とそれぞれ関西以外の会場で対戦。勝ち上がったチームは関西優勝校が待つ西日本代表決定戦への出場を争う。連盟の伊角富三理事長は「(他地区の)フットボールの発展に寄与できるのではないか」と変更の意義を説明した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索