米バスケ八村、決勝点挙げる ゴンザガ大9連勝に貢献

米バスケ八村、決勝点挙げる ゴンザガ大9連勝に貢献

 【スポケーン(米ワシントン州)共同】バスケットボール男子の全米大学体育協会(NCAA)1部でAP通信ランキング1位のゴンザガ大は5日、ワシントン州スポケーンでワシントン大と対戦し、八村塁は40分間フル出場してチーム最多の26得点をマークした。試合終了直前に決勝のシュートを沈め、81―79でチームを開幕9連勝に導いた。

 後半残り10秒を切って同点に追い付かれた後だった。フリースローラインの付近にいた八村はゴールを背にしてパスを受けると、前後4人に囲まれる中で半転してジャンプシュート。勝利を呼び込み、跳びはねてガッツポーズを見せた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索