カーリング、ロコ・ソラーレ初V 今季新設のW杯第2戦

 今季新設されたカーリングのワールドカップ(W杯)第2戦は9日、米ネブラスカ州オマハで決勝が行われ、女子は平昌冬季五輪銅メダルのロコ・ソラーレが韓国を7―6で破って日本勢で初優勝を飾った。

 第2エンドに4点を失って劣勢だったが、最終第8エンドに不利な先攻で2点を奪って逆転。11月のパシフィック・アジア選手権決勝で敗れた相手に雪辱した。

 W杯には世界ランキング上位などが出場。男女と混合ダブルスを実施し、第1戦は中国、第3戦はスウェーデンで開催され、各優勝チームなどがグランドファイナル(来年5月・北京)に出場する。(共同)


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索