広島の小園「走攻守でアピール」 新入団選手を発表

広島の小園「走攻守でアピール」 新入団選手を発表

 広島は10日、広島市内のホテルで育成を含む新人選手の入団記者会見を行った。将来の主力として期待されるドラフト1位の小園海斗内野手(18)=報徳学園高、178センチ、83キロ、右投げ左打ち=は、主軸の鈴木誠也外野手が今季までつけていた背番号51のユニホームに袖を通し「プレッシャーもあるが、力に変えていけるように頑張っていく。走攻守でアピールしたい」と緊張した様子で話した。

 遊撃は田中広輔内野手の定位置で「追い付き、追い抜いていけるように頑張る」と意気込んだ。緒方孝市監督は「楽しみな選手がたくさん入って、近い将来必ず戦力になってくれると思っている」と語った。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索