桃田、奥原ら準決勝進出 バド、ナガマツらも2連勝

桃田、奥原ら準決勝進出 バド、ナガマツらも2連勝

 【広州共同】バドミントンのワールドツアー(WT)ファイナル第2日は13日、中国の広州で1次リーグが行われ、男子シングルスでB組の桃田賢斗(NTT東日本)はカンタプホン・ワンチャロエン(タイ)を2―0で下して2連勝とし、準決勝進出を決めた。

 女子シングルスでB組の奥原希望(日本ユニシス)もラチャノック・インタノン(タイ)に2―1で逆転勝ちし、2連勝で1次リーグを突破した。

 男子ダブルスの遠藤大由、渡辺勇大組(日本ユニシス)も、2戦全勝で4強入り。女子ダブルスの永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)と高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)も2連勝。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索