柔道、マスターズから選手帰国 初優勝の素根「先に攻めた」

 柔道のマスターズ大会(広州=中国)に出場した日本代表が17日、羽田空港に帰国し、女子78キロ超級で初優勝した全日本女王の18歳、素根輝は「先に先に攻めることを頭に入れ、しっかり(技を)出せた」と笑顔で語った。

 世界ランキング上位者による大会で準決勝までの3試合を一本勝ち。決勝は11月のグランドスラム大阪大会で敗れた2012年ロンドン五輪女王のイダリス・オルティス(キューバ)を指導3による反則勝ちで破り「どんな形でも勝とうと思った」と胸を張った。

 男子で66キロ級の丸山城志郎は4試合全て一本勝ちで初制覇した。「結果も内容も自信になった」と充実の表情だった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索