カーリングW杯初Vのロコ帰国 藤沢は「充実の1年」

カーリングW杯初Vのロコ帰国 藤沢は「充実の1年」

 カーリング女子で平昌冬季五輪銅メダルのロコ・ソラーレが18日、日本勢として初優勝したワールドカップ(W杯)第2戦など北米遠征から帰国した。司令塔の藤沢は「レベルが上がっていくのを実感しつつ、課題も見つかった充実の1年」と笑顔を見せた。

 今季新設されたW杯は世界ランキング上位などの男女各8チームが出場。ロコ・ソラーレは平昌五輪女王のスウェーデンに2戦2勝し、決勝では韓国に逆転勝ちした。

 吉田知は「負けを受け止めて成長できた」と感慨深げ。吉田夕は「勝ちきる強さを見せられたのは収穫」と自負心もにじませ、鈴木は「来年はさらに強いチームにしたい」と話した。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索