日本製紙アイスホッケー部が廃部 アジア・リーグ4度制覇の強豪

日本製紙アイスホッケー部が廃部 アジア・リーグ4度制覇の強豪

 日本製紙は19日、アジア・リーグを4度制したアイスホッケー部を経営合理化のため今季限りで廃部とすると発表した。来年3月末で活動を終了する。今後はチームの引受先を探す。

 釧路市で記者会見したチームの安永敦美代表は、引受先について「できれば地元でと思っているが、全国で引き受けてくれる企業などを探したい」と話した。選手には移籍などの希望を聞き、個別に対応していく。

 12月11日に廃部が決定。18日に伝えられた選手たちは驚き、放心した様子だったという。

 元監督の佐々木博明部長は「釧路の人たちが育ててくれたチーム。非常に残念」と涙ながらに話した。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索