スノボW杯、16歳平野流が2位 ハーフパイプ

スノボW杯、16歳平野流が2位 ハーフパイプ

 スノーボードのワールドカップ(W杯)は21日、中国の張家口・密苑でハーフパイプ(HP)決勝が行われ、男子は16歳で今季からW杯初参戦の平野流佳(ムラサキスポーツ)が92.50点で日本勢最高の2位に入った。

 平昌五輪代表の戸塚優斗(ヨネックス)は92.25点の3位、穴井一光(玉越ク)は4位だった。片山来夢(バートン)は棄権した。

 女子は平昌五輪代表の今井胡桃(プリオコーポレーション)が82.25点で3位となった。大江光(バートン)は4位、同五輪6位の松本遥奈(クルーズ)は5位だった。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索