スノボW杯スロープS、鬼塚初V 大塚は2勝目

スノボW杯スロープS、鬼塚初V 大塚は2勝目

 スノーボードのワールドカップ(W杯)は21日、中国の張家口・密苑でスロープスタイル決勝が行われ、女子は20歳で平昌冬季五輪代表の鬼塚雅(星野リゾート)が86.20点で初優勝した。同五輪のビッグエア4位で今季の同種目で2勝を挙げている17歳の岩渕麗楽(バートン)が85.21点の2位で続いた。

 男子は17歳の大塚健(バートン)が87.10点で圧勝し、11月のビッグエアに続く2勝目を挙げた。ともに平昌五輪代表の大久保勇利(ムラサキスポーツ北海道)は7位、国武大晃(STANCER)は10位だった。(共同)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索