フィギュア宇野首位、高橋は2位 全日本選手権、男子SP

フィギュア宇野首位、高橋は2位 全日本選手権、男子SP

 フィギュアスケートの世界選手権(来年3月・さいたま)代表選考会を兼ねた全日本選手権第2日は22日、大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで行われ、男子ショートプログラム(SP)で、3連覇が懸かる宇野昌磨が2種類の4回転ジャンプを着氷し、102.06点でトップに立った。

 今季現役復帰した32歳の高橋大輔が高い演技点をマークし、88.52点で2位につけた。17歳の島田高志郎が80.46点で3位と健闘し、昨年2位の田中刑事が79.32点で4位。昨季の世界選手権5位の友野一希は73.09点で7位と出遅れた。

 ペアSPは須崎海羽、木原龍一組が59.03点で首位。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索