スノボW杯初優勝の鬼塚ら帰国 羽田空港で喜び

スノボW杯初優勝の鬼塚ら帰国 羽田空港で喜び

 中国の張家口で行われたスノーボードのワールドカップ(W杯)スロープスタイルで初優勝した女子の鬼塚雅らが23日、羽田空港に帰国した。悲願を達成した鬼塚は「表彰台は何度も上っていたので優勝しか狙っていなかった。(2022年に開かれる)次の北京冬季五輪の会場で優勝できたのはプラス」と喜びを語った。

 男子優勝の大塚健は今季すべて2位以上と好調。「今回は演技の完成度で勝負した。コースも得意なタイプだった」と振り返った。

 同所で実施されたハーフパイプで、W杯に今季初参戦ながら男子で2位に入った16歳の平野流佳も帰国し「次はもっと高い所に立ちたい」と意欲的だった。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索