サッカー代表練習拠点の名称決定 「JFA夢フィールド」

サッカー代表練習拠点の名称決定 「JFA夢フィールド」

 日本サッカー協会(JFA)は25日、千葉市の幕張海浜公園内に新設する日本代表の練習拠点の名称が「JFA夢フィールド」に決まったと発表した。東京都内での記者会見で森保一監督は「サッカーファミリーが集まって、お互いが高め合っていく場所であってほしい」と期待を口にした。

 天然、人工芝のピッチ、クラブハウス、フットサルアリーナを整備。元代表主将の長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)は「ここを目標に頑張る子供たちが増えるのも大事」と話した。

 指導者、審判員の人材養成や国際交流の拠点としても利用し、オフに帰国した海外クラブ所属選手の練習場所としても提供する。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索