トライアスロン五輪選考基準発表 テスト大会3位で代表に

 日本トライアスロン連合(JTU)は26日、2020年東京五輪会場で来年8月に行われるテスト大会で、3位以内に入った日本勢最上位を代表に選出するなどとした東京五輪の選考基準を発表した。同日の臨時理事会で決めた。

 五輪出場枠を争うランキングに応じた各国の東京五輪出場枠は男女とも最大3。開催国の日本は男女各2枠と混合リレーの出場権が保証されている。テスト大会と世界シリーズのハンブルク大会、アブダビ大会の上位選手も対象で、大会ごとの出場選手の顔ぶれに応じてJTUが定めた係数や、スイムを重視する評価基準などに応じ、選手の優先順位を決めて選ぶ。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索