バド奥原選手「五輪準備に専念」 来年1月からプロ転向

バド奥原選手「五輪準備に専念」 来年1月からプロ転向

 バドミントン女子シングルスで来年1月からプロに転向する奥原希望選手(23)が27日、東京都内で会見し「(2020年)東京五輪に向けて全ての準備をして臨みたいと思い、その答えがプロとして個人の活動に専念することだった」と理由を説明した。今月限りで日本ユニシスを退社し、化学品の製造などを手掛ける太陽ホールディングスと所属契約を結んで支援を受ける。契約期間は2年。

 年間約250日の日本代表活動と実業団チームの試合をこなすことで負傷のリスクが高まると考えたといい「今までたくさんけがをしてきて苦しんできて、それをどうしても避けなければいけなかった」と決断に至った。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索