大阪桐蔭が8強、高校ラグビー 準々決勝はすべてシード校

大阪桐蔭が8強、高校ラグビー 準々決勝はすべてシード校

 ラグビーの全国高校大会第4日は1日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で3回戦8試合が行われ、前回大会準優勝でAシードの大阪桐蔭(大阪第1)が玉島(岡山)に90―0で大勝して、準々決勝に進出した。桐蔭学園(神奈川)と東福岡のAシード勢も8強入り。

 流通経大柏(千葉)常翔学園(大阪第3)報徳学園(兵庫)天理(奈良)、長崎北陽台のBシード勢もベスト8に進んだ。8強はすべてシード校となった。

 抽選の結果、3日の準々決勝は、長崎北陽台―東福岡、大阪桐蔭―報徳学園、天理―桐蔭学園、流通経大柏―常翔学園の組み合わせに決まった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索