三原舞依が女子SP首位 日本学生氷上選手権

三原舞依が女子SP首位 日本学生氷上選手権

 日本学生氷上競技選手権は6日、栃木県の日光霧降アイスアリーナなどで行われ、フィギュアスケートの女子ショートプログラム(SP)で三原舞依(甲南大)が71.27点で首位に立った。男子SPは友野一希(同大)が79.43点でトップ。

 スピードスケートの男子は1000メートルで山田将矢(日大)が1分10秒13で2連覇した。5000メートルは伊藤貴裕(日大)が6分40秒27で2連覇。

 女子は1000メートルを佐藤綾乃(高崎健康福祉大)が1分18秒73で制し、3000メートルはウィリアムソン・レミ(大東大)が4分20秒38で優勝した。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索