モーグル堀島行真、新技に手応え 「世界選手権に照準合わせる」

モーグル堀島行真、新技に手応え 「世界選手権に照準合わせる」

 フリースタイルスキー、モーグル男子の堀島行真(中京大)が7日、北米でのワールドカップ(W杯)3連戦へ出発する前に成田空港で取材に応じ「(2月の)世界選手権に照準を合わせ、試合ごとに内容を良くしていく」と抱負を述べた。2大会連続2冠を狙う世界選手権は米ユタ州パークシティーで行われる。

 年末年始は高難度の新技「コークスクリュー1440(コーク14)」の習得に励み「実戦で使うか分からないが、感覚はだいぶいい」と手応えを得た。平昌冬季五輪金メダルのミカエル・キングズベリー(カナダ)とはまだ差があるターンが課題で「上半身のぶれをなくしていく」と話した。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索