福岡が15人制代表引退へ ラグビーW杯後に、医師目指す

福岡が15人制代表引退へ ラグビーW杯後に、医師目指す

 ラグビー日本代表30キャップを持つWTB福岡堅樹(パナソニック)が9日、9月開幕のワールドカップ(W杯)日本大会後に15人制代表から退く意向を示した。「15人制の代表は今年まで。悔いがないようにしたい」とW杯への決意を語った。

 医師を目指すためで、これまでも2019年W杯とともに目標に掲げる7人制の20年東京五輪に出場した後、第一線を退く考えを示していた。26歳の福岡は快足WTBとして活躍。15人制の15年W杯と7人制のリオデジャネイロ五輪にも出場した。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索