五輪自転車、運営補助ボラを募集 ロードレース通過の14市町村で

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は10日、自転車ロードレースの運営を沿道で補助するボランティアを、レースで通過する東京都、神奈川県、山梨県、静岡県の計14市町村がそれぞれ募集すると発表した。「コースサポーター」の名称で、20年4月1日時点で15歳以上が対象。柵の設置や撤去、観客の整理や案内などが役割となる。必要な人数は約5700人を想定している。7月のテスト大会に向けても約3800人を募る。

 沿道の市町村からも要望があり、組織委が募集した「大会ボランティア」や各都道県が募る「都市ボランティア」とは別の区分として設けることになった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索