テニス、A・マリー全豪で引退も 「痛みに耐えられない」

テニス、A・マリー全豪で引退も 「痛みに耐えられない」

 【メルボルン共同】男子テニスで元世界ランキング1位の31歳、アンディ・マリー(英国)は11日、メルボルンで記者会見し、14日に開幕する全豪オープンが現役最後の大会となる可能性があると明らかにした。故障を抱えている臀部の痛みが原因。7月のウィンブルドン選手権出場を望んでいるが「できるか分からない」と話した。

 昨年1月に手術を受けたA・マリーの世界ランクは現在230位。「まだある程度はやれるが、自分が望むレベルではない。痛みに本当に耐えられない」と感極まった様子で述べた。日常生活のため再手術も検討しているという。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索