米ゴルフ、今平周吾が4位発進 ソニーOP、松山英樹は52位

米ゴルフ、今平周吾が4位発進 ソニーOP、松山英樹は52位

 【ホノルル共同】米男子ゴルフのソニー・オープンは10日、ハワイ州ホノルルのワイアラエCC(パー70)で第1ラウンドが行われ、日本ツアー賞金王の今平周吾が7バーディー、2ボギーの65をマークして首位と4打差の4位につけた。星野陸也も66の好スコアで7位。

 松山英樹、稲森佑貴は69で52位。小平智とアマチュアの金谷拓実(東北福祉大)は71で89位、池田勇太は72で112位と出遅れた。

 61のアダム・スベンソン(カナダ)が首位に立ち、1打差の2位にアンドルー・パットナム(米国)がつけた。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索