横綱稀勢の里、非公開で調整 田子ノ浦親方「自信を持って」

横綱稀勢の里、非公開で調整 田子ノ浦親方「自信を持って」

 大相撲初場所(13日初日・両国国技館)で進退が懸かる横綱稀勢の里が11日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で報道陣に非公開で調整した。関係者によると、土俵での稽古は行わなかったといい、引き締まった表情で帰りの車に乗り込んだ。

 初日に小結御嶽海、2日目に前頭筆頭の逸ノ城との対戦が決まった。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は「初日は誰と当たっても緊張する。自信を持っていってもらいたい」と期待を寄せた。

 先場所は初日から4連敗した後で途中休場した。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索