強豪ボクシング部でパワハラ 栃木・作新学院高、監督は謹慎

 作新学院高(宇都宮市)は11日、強豪として知られる同校ボクシング部の川島弘行監督(43)らが部員に体罰やパワハラを繰り返していたとの告発について市内で記者会見し、「長時間正座させるなど不適切な行為があった」と明らかにした。調査委員会を設置し、調査の間は告発を受けた川島監督らは指導から外れ、監督は自宅謹慎する。

 同校や栃木県教育委員会に届いた告発文によると、川島監督や川島監督の父親である前監督は練習や遠征の際、複数の部員に対し「態度が悪い」などとして1〜2時間正座させたり、顔を平手でたたいたりした。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索