初場所土俵祭り、安全祈願 稀勢の里関「集中していく」

初場所土俵祭り、安全祈願 稀勢の里関「集中していく」

 大相撲初場所初日を翌日に控えた12日午前、東京都墨田区の両国国技館で土俵祭りが行われ、進退が懸かる稀勢の里関や先場所全休の白鵬関、鶴竜関の3横綱、先場所初優勝の新関脇貴景勝関ら三役以上の力士や、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)らが出席して15日間の安全を祈願した。

 稀勢の里関は引き締まった表情で、力士人生を懸ける土俵を見詰めた。「いよいよですね。一日一番に集中していく気持ち」と心境を語った。

 土俵祭りでは今場所から立行司に昇格した第41代式守伊之助が祭主を務めた。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索