ソフトBの王会長、平成振り返る WBCは「選手が頼もしかった」

ソフトBの王会長、平成振り返る WBCは「選手が頼もしかった」

 プロ野球ソフトバンクの王貞治球団会長(78)が18日、東京都千代田区の日本記者クラブで会見し、平成の野球界を回顧した。日本代表監督として世界一に輝いた2006年の第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を「日の丸を着けて向かっていった選手たちの姿は頼もしかった」と振り返った。

 WBCではイチロー外野手や松坂大輔投手らを擁し、決勝でキューバを破り初代王者となった。「米国で戦っているうちに自信をつけてくれた。日の丸を着けるとパワーをもらう」と述べ「20年は日本開催で、ものすごい力を発揮するのでは」と東京五輪で金メダルを狙う日本代表にエールを送った。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索