小結御嶽海、左脚負傷で休場 2週間安静、再出場も

小結御嶽海、左脚負傷で休場 2週間安静、再出場も

 大相撲の西小結御嶽海(26)=本名大道久司、長野県出身、出羽海部屋=が初場所7日目の19日、日本相撲協会に「左大腿四頭筋腱部分損傷で、2週間の安静加療を要する見込み」との診断書を提出し休場した。初日から5連勝と好調だったが、初黒星を喫した6日目の小結妙義龍戦で左膝付近を負傷した。

 磁気共鳴画像装置(MRI)検査で、骨や靱帯に損傷はなかったという。師匠の出羽海親方(元幕内小城ノ花)は「本人が一番悔しいだろうが、けがしてしまった以上はしっかり治してほしい。再出場は考えている」と述べた。

 休場は2016年初場所以来、2度目。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索