高校スケート、女子は坂本初優勝 男子は山隈が初制覇

高校スケート、女子は坂本初優勝 男子は山隈が初制覇

 全国高校スケート、アイスホッケー選手権最終日は27日、名古屋市ガイシプラザで行われ、フィギュア女子は昨年の全日本選手権覇者、坂本花織(兵庫・神戸野田)が26日のショートプログラム(SP)に続いてフリーでも1位の139.62点をマークし、合計213.37点で初優勝した。

 横井ゆは菜(愛知・中京大中京)が合計190.82点で2位、3月の世界ジュニア選手権代表の白岩優奈(京都両洋)が3位だった。男子はミスを少なくまとめた山隈太一朗(兵庫・芦屋国際中教校)がSP3位から巻き返し、合計210.63点で初制覇した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索