バドミントン代表、遠征から帰国 初戦Vに「いいスタート」

バドミントン代表、遠征から帰国 初戦Vに「いいスタート」

 バドミントン日本代表が28日、東南アジア遠征から羽田空港に帰国し、20日までのマレーシア・マスターズで女子ダブルスを制した福島由紀(岐阜トリッキーパンダース)は「2019年初めの大会で優勝でき、いいスタートを切れた」と手応えを示した。

 4月末に始まる東京五輪出場枠を懸けた争いを前に、海外選手の意識も高まっている様子。27日までのインドネシア・マスターズの女子ダブルスで優勝した松友美佐紀(日本ユニシス)は「勢いを感じる部分があった。負けないように自分たちのペースでやっていきたい」と気を引き締めた。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索