なでしこ、紅白戦で動き見極め W杯フランス大会へ強化合宿

なでしこ、紅白戦で動き見極め W杯フランス大会へ強化合宿

 6月開幕のサッカー女子ワールドカップ(W杯)フランス大会に向け、強化合宿中の女子日本代表「なでしこジャパン」候補は2日、静岡県内で午前と午後の2部練習を行い、通常の4分の3ほどの大きさのピッチで紅白戦を実施した。DF阪口萌(新潟)や初招集のDF大賀(日体大フィールズ横浜)MF松原(ノジマステラ神奈川相模原)は複数のポジションで試され、高倉監督が動きを見極めた。

 宇津木(レイン)は体調を考慮され、午後は別メニューで調整した。「なでしこジャパン」は今月下旬から3月にかけ、米国での国際親善大会「シービリーブスカップ」で米国などと対戦する。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索