FIFA会長、立候補は現職のみ 6月に選出、任期4年

FIFA会長、立候補は現職のみ 6月に選出、任期4年

 【ドーハ共同】国際サッカー連盟(FIFA)は6日、今年6月に行われる会長選の立候補者が現職のインファンティノ氏のみだったと発表した。5日が立候補の締め切りだった。任期は4年で、再選されれば2023年までとなる。

 48歳の同会長は一連のFIFA汚職事件を受け、16年2月にブラッター氏の後任として会長に選出された。26年ワールドカップ(W杯)から、出場チームを現行の32から48チームへと拡大するなどの改革を推進。クラブワールドカップの改編や、国際大会「ネーションズリーグ」創設などの改革などを目指している。

 会長選は6月5日のFIFA総会(パリ)で行われる。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索