モーグル、原が五輪に続く「銅」 世界選手権

モーグル、原が五輪に続く「銅」 世界選手権

 【ディアバレー(米ユタ州)共同】フリースタイルスキーの世界選手権は8日、米ユタ州ディアバレーで行われ、モーグル男子は原大智(日大)が81.66点で3位に入り、昨年の平昌冬季五輪に続いて銅メダルを獲得した。2連覇を狙った堀島行真(中京大)は81.30点で4位だった。

 平昌五輪覇者のミカエル・キングズベリー(カナダ)が84.89点で優勝。四方元幾(豊田合成)は10位、藤木豪心(立命大)は13位だった。

 女子は冨高日向子(白馬ク)が8位、星野純子(リステル)は9位で、住吉輝紗良(日大)は予選敗退。ユリア・ガリシェワ(カザフスタン)が優勝した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索