スキー、渡部兄弟の日本1は失格 W杯複合団体第3戦

スキー、渡部兄弟の日本1は失格 W杯複合団体第3戦

 【ラハティ(フィンランド)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は9日、フィンランドのラハティで団体第3戦スプリントが行われ、渡部暁斗と渡部善斗(ともに北野建設)が組んだ日本1は後半距離で失格となった。山元豪(ダイチ)と永井秀昭(岐阜日野自動車)の日本2は5位だった。

 日本1は前半飛躍(ヒルサイズ=HS130メートル)で合計245.0点の2位につけた。後半距離(15キロ)は首位と19秒差でスタートし、終盤まで表彰台争いを展開したが、最後の直線で渡部暁が他の選手と絡んで転倒し、失格となった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索