宮原知子が逆転V、青木祐奈2位 ババリアンOPフィギュア

 フィギュアスケートのババリアン・オープンは10日、ドイツのオーベルストドルフで行われ、女子はショートプログラム(SP)で2位につけた世界選手権(3月・さいたま)代表の宮原知子(関大)がフリーで136.77点の1位となって逆転し、合計204.56点で優勝した。青木祐奈(神奈川・横浜清風高)が182.90点で2位となった。

 9日のSPで青木が68.43点で首位に立っていた。(共同)


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索