Sトラック、男子リレー日本2位 トリノでW杯

 スピードスケート・ショートトラックのワールドカップ(W杯)最終戦は10日、トリノで行われ、男子5000メートルリレー決勝で菊池耕太(恵仁会)渡辺啓太(阪南大職)横山大希(トヨタ自動車)吉永一貴(中京大)の日本がロシアに次ぐ2位に入った。第4戦に続く2位で、同種目のシーズン総合3位となった。

 女子3000メートルリレーで5、6位決定戦に回った日本は平井亜実(中京大)菊池萌水(KHネオケム)菊池純礼(トヨタ自動車)菊池悠希(ANA)で臨み、カザフスタンを抑えて5位だった。(共同)


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索