ジャンプ小林陵は3位 W杯男子個人、表彰台15度目

ジャンプ小林陵は3位 W杯男子個人、表彰台15度目

 【ビリンゲン(ドイツ)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は16日、ドイツのビリンゲンで個人第21戦(ヒルサイズ=HS145メートル)が行われ、小林陵侑(土屋ホーム)は144.5メートル、143メートルの合計304.7点で3位だった。

 小林陵の表彰台は今季15度目。国際スキー連盟によると、1998〜99年シーズンの船木和喜(フィット)に並び、日本選手のシーズン最多記録となった。

 カール・ガイガー(ドイツ)が2回目に150.5メートルの最長不倒を決めて311.1点で逆転勝ちし、今季、通算ともに2勝目を挙げた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索