五輪競技存続へ会長代行選出 国際ボクシング協会

 【ローザンヌ(スイス)共同】2020年東京五輪の実施競技から除外の危機にある国際ボクシング協会(AIBA)は26日までに、米財務省から麻薬売買に関わる犯罪者と指摘されるラヒモフ会長(ウズベキスタン)が退任し、代行として理事会がムスタサン副会長(モロッコ)を推薦したと発表した。メールによる投票で近日中に任命する。

 国際オリンピック委員会(IOC)はAIBAの組織運営や財政状況を問題視して調査委員会を設置したほか、東京五輪の準備を凍結している。IOCは調査委による検証を経て、6月の総会で最終判断する予定。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索