バレー、パナがJT下し2連覇 Vリーグ男子

バレー、パナがJT下し2連覇 Vリーグ男子

 バレーボールのVリーグは14日、東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで男子決勝第2戦が行われ、パナソニックがJTを3―0で下して2連勝とし、日本リーグ時代を含め2季連続7度目の優勝を果たした。

 パナソニックは第1セットを26―24で先取。第2セットは大竹の活躍などで25―20と連取し、第3セットも流れを渡さず、25―20で奪った。この日にチーム最多の23点を挙げたパナソニックのクビアクが最高殊勲選手賞に輝き、敢闘賞にはJTのエドガーが選ばれた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索